HOME > 発起人紹介 > 澤 尚幸
発起人紹介
FOUNDER

一般社団法人Community Future Design 代表理事
ゼビオコーポレート株式会社 執行役員兼プロジェクト推進室長
猪苗代町地域振興アドバイザー
猪苗代町振興計画審議会委員
猪苗代町六次産業化地産地消推進審議会委員

澤 尚幸(さわ なおゆき)

2017.07.20
澤 尚幸

三重県生まれ。
1991年3月東京大学理学部数学科卒業。同年郵政省に入省。郵政三事業、特に金融分野の経営戦略、商品開発、経営計画、財務、営業、業務、システムなどに幅広く関わり、省庁再編、郵政公社化、民営化に関わる。郵政の上場を終え、日本郵便株式会社の経営企画部長を最後に退社。
2015年12月に一般社団法人Community Future Designを設立。代表理事に就任。地域活性化や政策立案の支援などを実施。
2016年より、スポーツ小売業を手がけるゼビオグループに入社。新しいフィールドで、より深い地域活性化の実践、CSV事業などの立ち上げを行っている。

生命保険事業に関わったこれまでの経験から、人口問題、長期的視野・財政の検討の必要性、データに基づくエビデンスベースの仕事の重要さを意識。
一方、24000ある郵便局の「現場」にこだわる中で、データには現れない課題、特に、人の活力に左右される要素の大きさと、ハンドリングの難しさを実感する。
こうした中で、人の活力の発揮、そして、地方の面白さと多様性、そのネットワーク化こそ、日本のあるべき姿と考えるようになる。
里山資本主義は、まさに、こうした方向性を具現化する概念であり、その理論化を是非、本コンソーシアムで実現したいとの思いで、参画。

大学以来、伴奏ピアニストとしての活動も行っており、人生の多様性も実践中。
「正直であること」がモットー。