お知らせ

お知らせ

2018.01.10

コンソーシアムを始めるにあたって運営委員会 副委員長の鈴木英敬さん(三重県知事)よりメッセージをいただきました。

コンソーシアムを始めるにあたって運営委員会 副委員長の鈴木英敬さん(三重県知事)よりメッセージをいただきました。

「自然豊かな三重県の魅力を世界に発信」

本州の太平洋側のちょうど中心あたりに位置する三重は自然豊かな県です。2016年のG7サミットでは、自信を持って伊勢志摩に各国のリーダーをお迎えし、我々のふるさとの魅力と可能性を世界に発信できたと思います。
神聖かつ歴史的な遺産である伊勢神宮以外にも、三重は真珠やカキの産地としても有名です。海産物を採る女性の職業的ダイバーである海女の文化は、持続可能な漁業や海岸部の生物多様性保護への意識を高める役割を果たしてきました。
山間部や森林地帯では、資源を賢く利用することで自然のバランスを保つ工夫をしてきました。害獣の数を管理できれば、農家の生活も自然の多様性も守られます。そのためには、動物にとって住み良い森を維持することや、ジビエ料理という形で自然の産物を味わうことも一つの方法です。
このような取組を通し、多くの観光客が訪れ、若い世代の定住が進む、魅力あふれる県にする努力を続けています。マネー資本主義だけに頼らない幸せや豊かさを創造するために、里山コンソーシアムには活発にアイデアを交換し合うハブとしての役割を期待します。

三重県知事
鈴木英敬

最新の活動レポート