お知らせ

お知らせ

2018.01.11

コンソーシアムを始めるにあたって、運営委員会 委員長の松嶋匡史さんよりメッセージをいただきました。

コンソーシアムを始めるにあたって、運営委員会 委員長の松嶋匡史さんよりメッセージをいただきました。

「地方での協働こそが成功の秘訣」

35歳で電力会社を退職し、山口県の周防大島でジャムズガーデンを開業してから10年が経ちました。
今では30人のスタッフと共に、畑、ジャム工場、カフェ、ショップから成るジャムズガーデンで毎年約15万本のジャムを製造していますが、開業当初は、義理の父が住職を務める寺の一角に作った小さな実験室のようなものに過ぎませんでした。
事業は地元の農家や、写真家、ウェブデザイナーなど地域の方々との協働により成長しました。地方での起業の成功の秘訣は、地元の方々とのつながりを持つことと、彼らのアイデアや知識を使って皆に利益が還元されるようにすることです。
同時に、事業を経済的に持続可能なものにするためには、特にこの地方の過疎化と衰退の時代においては、コミュニティの外の世界とつながることも重要です。
今では、10年前とは状況が異なり、自治体は地方への移住者を広く支援していますし、インターネットの普及や交通網の整備など、都市部と地方との距離を縮めるツールも増えています。
里山コンソーシアムが地方再生のさらなる後押しとなることを信じています。

瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役
松嶋 匡史

最新の活動レポート